RDP Wrapper Libraryの設定方法

rdp_wrap_Libraryその他

Windows10 Homeはライセンス的にリモートデスクトップ接続のホスト機能がありません

リモートデスクトップ接続(以下RDP)を実行して他のサーバやPCに接続することはできるのですが、RDPで接続されることができません

対象のPCが「接続するのか」「接続されるのか」で以下のようになります
・RDPで接続される(ホスト)
・RDPで接続する(クライアント)

FTPで例を出すと
接続されるとき(サーバ)、接続するとき(クライアント)と考え方は同じです

また、リモートデスクトップをはじめ、リモートワークを実現できる通信速度と通信量をまとめた記事はこちらになります

在宅勤務やノマドワークに向けて是非一読ください

リモートワーク(テレワーク)を実現する際の注意点
リモートワークの需要は今後も増えていくので、業務に必要な通信速度や通信量を把握しましょう。ノマドワーカーを目指すべくおすすめのモバイルルータも紹介します。しっかり知識とツールを準備しておけば、どこでも仕事できるようになります。

 

RDP Wrapper Library

これは「RDP Wrapper Library」を使うことで解決します

これを使えば、Windows10 HomeでもRDPでアクセス可能となります

手順は、その環境により「RDP Wrapper Library」インストールだけでも問題ない場合もありますが自分の環境は「termsrv.dll」「rdpwrap.ini」の差し替えも必要になりました。

なので、RDPWrapperインストールして正常に動作しない場合はその関連を意識すると切り分けしやすくなるかもしれません

RDPWrapperインストール

1.GitHubから「RDP Wrapper Library」をダウンロードします

GitHub – RDP Wrapper Library

対象ファイルはmsiファイルかzipファイルお好みでどうぞ
→RDPWrap-vX.X.X.zip

rdpwrap1・・・と思いましたが、msiファイルは現在はインストールできません
(訳)このWindowsインストーラパッケージに問題があります。このインストールを完了するために必要なプログラムを実行できませんでした。サポート担当者またはパッケージベンダー連絡してください

Google Chrome以外のブラウザでダウンロードを実行します
Google Chrome では「危険なファイルであるため、Chromeでブロックしました」と出てダウンロードができません

 

2.ダウンロードしたファイルを解凍します

install.batをクリックします

以下のファイルが展開されます
C:\Program Files\RDP Wrapper\
C:\Program Files\RDP Wrapper\rdpwrap.ini
C:\Program Files\RDP Wrapper\rdpwrap.dll
C:\WINDOWS\System32\rfxvmt.dll

 

3.最初に動作確認をします

C:\Program Files\RDP Wrapper\RDPConf.exeを起動します

エラー画面①
rdpwrap2

エラー画面②
rdpwrap4

上記のエラーが出たときは以下のファイルを疑います
C:\Program Files\RDP Wrapper\rdpwrap.ini
C:\Windows\System32\termsrv.dll

 

4.rdpwrap.iniとtermsrv.dllを差し替えます

以下のものをダウンロードして、既存ファイルにコピー上書きします
ファイルの権限関連でうまく上書きできないと思いますが、所有者やパーミッションを必要に応じて変更します

rdpwrap.iniとtermsrv.dll

termsrv.dllはバージョン10.0.19041.789になります
rdpwrap.iniは私が10.0.19041.789に対応できるよう修正しました
自己責任でお使いください

※必ず既存のファイルはリネームするか、コピーしてバックアップしておくこと

差し替える時はRemote Desktop Serviceを停止します

スタートメニューを右クリックして”コンピューターの管理”を選択します
”コンピュータの管理”画面が開くので、左ペインの”サービス”を選択すると以下の画面になります

そこから「Remote Desktop Service」を右クリック→停止

Remote_Desktop_Services_shutdown2

 

5.Remote Desktop Serviceを起動します

ファイルを差し替えたら、先ほどの手順で「Remote Desktop Service」を開始を選択します

 

6.再度、RDPConf.exeを使用し動作確認します

先ほど、ダウンロードした解凍したファイルの中にRDPConf.exeがあるので
実行します

rdpwrap5

最終的にこうなればOK
Listener state: の値が”Listening [fully supported] ”であればRDPで接続可能

こうなっていなかったらRDPConf.exeを再起動して5分ぐらい様子見しましょう

インターネット検索すればわかると思いますが、RDP Wrapper Libraryは接続できなくなった、接続できないなどの事例が多いです
ただ、これは不具合というよりすでにPCに存在している関連ファイルととインストール対象のRDP Wrapper Libraryとのバージョン差異で起こっていることが多いと考えます
初めから持っているtermsrv.dllバージョンとrdpwrap.iniに記載のあるバージョンを確認しましょう

 

rdpwrap3

termsrv.dllは右クリックして”プロパディ”ー詳細のタブ→ファイルバージョンです

termsrv.dllはwindowsアップデートによってバージョンが変わってしまうことがあるかもしれないので、注意が必要です

 

 

rdpwrap.iniはメモ帳で開くことができます
右クリックして”プログラムから開く”→メモ帳を選択

termsrv.dllのバージョンがrdpwrap.iniに記載されているのなら大丈夫ですが
ない場合は、追記するか、rdpwrap.ini自体を探してインストールする必要があります

termsrv.dllを修正:

こちらの手順は数年前にtermsrv.dll(バージョン:10.0.10240.16384)が古かった時起こった事例で今はもう関係ない可能性が高いですが、一応記載します

1.事前にtermsrv.dllのバックアップしておきます
c:\Windows\System32\termsrv.dll

2.Remote Desktop Serviceを停止します

3.バイナリエディタなどでtermsrv.dllを開いて以下の値に変更します
今回はStirlingというバイナリエディタを使いました

修正前:39 81 3C 06 00 00 0F 84 73 42 02 00

修正後:B8 00 01 00 00 89 81 38 06 00 00 90

なお、修正済みのファイルは以下となりますのでこちらを差し替えてもいいです


http://woshub.com/wp-content/uploads/bin/termsrv_win_10_x64_10240.zip

4.Remote Desktop Serviceを起動します

その他切り分けなど

上記の手順で正常に接続できるようになると思っていますが
私はこのツールの製作者でもありませんし、検証しまくったわけじゃないので100%正確なことは言えませんのでご理解していただければと思います

直らなかった場合は他の切り分けも方法も簡単に記載します。

正常に動作しないときの対応①

install.batで以下のファイルを展開しますが
C:\Program Files\RDP Wrapper\rdpwrap.ini
C:\Program Files\RDP Wrapper\rdpwrap.dll
C:\WINDOWS\System32\rfxvmt.dll
これがうまくいかないときがあるようなのでinstall.batと同封されているupdate.batを起動してみてください

正常に動作しないときの対応②

rfxvmt.dll、rdpwrap.dll、dpwrap.iniの手動差し替え

あくまでも切り分けの一環なので・・・
ファイルは都度ぐぐって探していただければネット上のどこかにあります

必ず既存ファイルは事前にバックアップしてください

正常に動作しないときの対応③

Remote Desktop Serviceの再起動またはPCの再起動

正常に動作しないときの対応④

お使いの環境のせいかも・・・

別ネットワーク越しの通信であればFWやルータの設定
お使いのPCのパーソナルファイアウォールの設定を見直してください

【Windows】RDPがつながらない
RDPがつながらないときは、大抵PCにインストールされているパーソナルFWやネットワーク境界にあるルータやFWが原因です。RDPを受けるサーバ側のポートが閉じてるとか、そもそもRDPサービスが起動していないなどもあります。落ち着いてひとつずつ切り分けをしていきましょう

他ツールなど

いろいろ説明しましたが、結局のところRDP Wrapper Libraryはフリーツールなので
使用は自己責任でお願いします

Chrome リモートデスクトップというのもありまして
お使いの環境にもよるので、代用になるかわかりませんが
こちらの方がセキュアで高速です

Chrome Remote Desktopの設定方法 - Mすた
Chrome リモート デスクトップの設定方法を記載します。このツールはインターネットに接続できない環境では機能しません。また、Windowsのリモートデスクトップと違う部分が多々あります。ただ、手軽にインストールやセットアップができますし、便利ツールなのは間違いないです。
タイトルとURLをコピーしました