VPNとは?VPNに接続して安全で快適なネットライフを

【セキュアに通信を行う心がけ】VPNを使って自分の身を守りましょうTool

データ通信量の向上で在宅勤務やノマドワークなどが簡単にできるようになりました
気軽にモバイルルータやスマホのデザリング機能を使って、サクサクアクセスできます

ただ、懸念点もあります

それは「セキュリティ」を気にしなくてはいけないということです
手軽にできる → セキュリティ面を懸念 を意識するべきなのです

フリーWiFiを使ったりする場所は特にそうですね

通信を傍受される可能性があるということなんです
要は通信を盗み見される

外国行くと特に危険ですね
日本だって、危なくないとは言い切れません

とりあえず、VPN契約するのであれば安心・安全・実績のある下記サービスをご利用ください

セカイVPN
Millen VPN
NordVPN

詳細を説明していきます

 

海外出張、ノマド、動画閲覧、オンラインゲーム・・・VPN使用シーンは多い

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、通信を暗号化してセキュリティを強化できる技術になります
通常、インターネットを接続する際にIPアドレスが割り振られますが、そのIPアドレスの値から接続元の大体の場所がわかってしまいます
VPNを使用すれば、IPアドレスを変更できるので、場所を特定されないということも実現可能です

超簡単に言えば、通信の流れを盗聴できないようにします
つまり、プライバシーを重視する人にとって、VPNは匿名性への重要な第一歩となるわけです

ノマドワークもそうですが、特に海外出張するなら気を付けた方が良いです
海外の治安もさることながら、日本と違って、通信盗み見の危険性は跳ね上がります

それを防げるということがVPN使用の一番のメリットでしょう

そして、IPアドレスを変更できるということは、動画閲覧やオンラインゲームも可能ということです
海外に行ってみればわかると思いますが、割り振られたIPアドレスによっては、これらのサービスを受けられない場合があるからです

 

VPNについて、理解を深めてもらうため、いくつか使用シーンを説明します

大切なデータを守るにはしっかりとセキュリティ対策してくださいね

安心快適に通信をするためにはVPNが必須となるわけです

 

VPNを利用すべき6つの理由

VPNを利用することによって、様々な問題が解決します
今回は6つ説明します

ビギナーマン
ビギナーマン

通信できてるんだからVPNなんていらないいらない(笑)

いろいろめんどくさそうだし

ハムスタ先生
ハムスタ先生

危ない!その考え方はいけませんね

状況をきちっと理解すれば、使用しなければいけない事がわかります

最近のVPNは導入や操作も簡単だし、安価なものも多いですよ

 

1. インターネットの安全性

旅行などで、フリーWiFiに接続して、自分のコンピュータやデバイスで機密情報を入力するのはかなり不安でしょう(自分だけ?)

フリーWiFiなどの公衆回線は設定次第で悪用されやすく、カフェなどのフリーWiFiをそのまま使うのは危険と感じます

特に海外旅行や出張では、銀行のウェブサイトにログオンしたり、航空券を購入したり、ホテルを予約したり、あるいは個人用や仕事用のメールをチェックするための安心・安全な接続を見つけるのは不可能な場合があります

しかし、旅行用のVPNを導入してからは、その状況が一変したと感じます。

インターネットに接続できる場所なら世界中どこでも、セキュリティを心配することなく、仕事やネットサーフィンを楽しめました

VPNを使用してたとしても、通常の通信の動作はほとんど変わらないように見えるので
恩恵を受けてないようにも見えますが、そんなことはない

送受信してる全データを暗号化しています

つまりは、長期出張のある方なら、これがどれほど重要なことかおわかりいただけると思います
暗号化するということはデータを保護することと同義です

 

2. オンライン口座のロックアウトを防ぐ

インターネットのセキュリティを担保するには、どこから通信するとしてもVPNを利用することがベストな選択と考えますが
普段からVPNを利用する利点は他にもあります

国内では当たり前に利用できるオンラインサービスが、ログインすらできないことがありました

PayPalが確かそうだったような気がしますが、今までログインしていた場所と違うところからログインする場合は、本人確認をするために電子メールを送ります
でも、PayPalはこれでは不十分だったようで、アカウントがロックされることもあり、ロック解除コードを記録された電話に電話またはテキストを送ります

送り先は普段から使用している手持ちの携帯電話(スマホ)になると思いますが、そもそも海外にいるとき使えてるの?ってなこともありえます

しかし、VPNを使用するとPayPalを利用できない国に住んでいても利用できるようになります

しかも、こういうケースはPayPalだけでなく、他のオンラインサービスにもあり、お金を取り扱うようなものは該当する可能性があります

オンラインサービスのセキュリティの観点からではありますが、VPNを使えば普段と同じ環境(同じIPアドレスレンジ)を再現することができます

 

3. ブロックされたサービスやにアクセス

海外でブロックされたWebサイトにアクセスするためにVPNを使用することは、用途としてはよくありますね

国によっては、SkypeのようなVoIP(Voice-over Internet Protocol)サービスが完全にブロックされている場合があります
Facebook、WordPress、Gmailの個人的なメールさえブロックされる場合もあります

中国とか結構禁止サイトがあるので、VPNを使うことによって利用できます
グレートファイアウォールというのが中国のネット検閲システムになるので、それを回避することもできます

 

4. リージョンロックされたコンテンツへのアクセス

リージョンロックというのは幅広い意味で「利用の制限をかけられること」で地域的な制限が多いようです
例えば、海外で自分のアカウントでオンラインゲームしようとするとこの状態になる場合があります

簡単に言ってしまうと、日本では普通に使えたものが海外では使えなくなるということです

なにもオンラインゲームだけじゃなく、オンラインでのサービス全般でもこういうことは起こります

サービスを提供する側(オンラインゲームやWebサービス)として制限のかけた方はあると思いますが、大半は地域的な制限になってきます

もっと具体的に例をあげると
NetflixやAmazon Primeのような、ストリーミングサービスの一部のコンテンツが特定の場所に制限されることがあります
著作権の問題や検閲の問題で、一部の国では特定の映画やテレビ番組にアクセスできない場合があります

VPNを利用すれば、リージョンロックを防ぐことができます(100%ではありません)

VPNを使用すれば、このような問題はすべて解決する可能性があります

 

5. インターネットの制限を回避する

コーヒーショップやホテルなどの公共WiFi接続を提供するビジネスでは、オンラインでできることに制限をかけることがあります
まぁ、これは一般的によくあることですね

自分がオンラインで仕事をしてるときに、誰かが隣で、ストリーミング動画を見始めるとインターネットの速度が遅くなったりします

データ通信の帯域は皆で共有するものなのでしょうがないです

ちなみにこういうことが起こらないように、実質的な何かをダウンロードしたり、FTP経由で接続したりすることをできないようにしている場合もあるというわけです

帯域制限はしょうがないですが、特定のプロトコルを禁止されると、こちらとしては困ります

でも、旅行用VPNはこれを可能にしてくれます(VPNサービスの種類によるので要確認)

それでも、VPNの使用をブロックするようなところもあるので、万能ではありませんね

通信する際にサーバーを介してルーティングされるのではなく、VPNを介してルーティングされるイメージです
その為、サーバーの制限を受けにくいのです

 

6. 通信の保護

VPNを使用すると、自分のIPアドレスを隠す(または別のIPアドレスを割り当てる)ことになります
つまり、このような場合、VPNを利用することで、日々のオンライン活動の追跡やロギングを回避することができます

また、VPNは通信を暗号化するので、通信の内容を外部から見ることはできません

でも、VPNにログインするための情報が流出してしまえば、悪用されることになりますので、注意が必要です
まぁ、認証情報なんて例外なく漏らしてもダメですが

社内接続などはVPN必須のところが多いと思いますが、逆に言えばVPN接続の情報さえ持ってれば
簡単にアクセスできてしまうんですね

とはいえ、デバイス認証、クライアント証明書やMACアドレス認証などを使っていれば、大丈夫でしょうが
VPNの認証情報を持ってたとしても、アクセスする機器で制限する場合もあります
(悪意あるユーザが流出した認証情報を使おうとしても、流出元の機器を使わなければアクセスできないということです)

なので、PCやスマホなどを紛失すると会社的に大問題になるのです
これはVPNの観点だけじゃなく、内部にあるデータも重要ですけども

おっと、話がそれましたね

あとは、海外出張時に慌てて、よく知らないVPNサービスを契約してしまったりすることもあるかもしれませんが、VPNサービス経由で情報漏えいしてしまうこともありえます。
普段からVPNサービスを選定しておくことが大事ですが、、特に無料のものはリスクがあることを念頭においてください

 

VPNサービス選定の注意点

さて、VPNサービスの利点を説明しましたけど、海外に出張や旅行に行くときは必須と認識したと思います

でも、国内で利用するとしても、頻繁にフリーWiFiなどの公衆インターネット回線使うなら
やはり必ず使っていきたいと思いませんか

ちなみに、通信機器は何もPCやスマホだけでなく、ゲーム機だってそうですね
海外で不用意にフリーWiFiに接続したときで、一部のゲーム機(ニンテンドーDSやPSP)ではでトロイの木馬型ウイルスが発見された事例もあるそうです

ゲーム機の通信もVPN化しろとは言いませんが(そもそも現時点でできるか不明・・・多分できない)
確実にVPN通信できる端末はしておきたいですね

結局自分の身を守るのも自分自身ですから・・・

激安なVPNとかもありますけど、安いから良いというわけでないということを覚えておいてください
回線が不安定だったりします
・通信がぷつぷつ切れる
・通信速度が遅い

最後におすすめのVPNサービスを掲載します

VPNを使うことによって、セキュリティ向上や海外でも国内と同じようにアクセスすることは可能ですが、当然デメリットもあります

それは通信速度の低下です
暗号化を行ったり、経由先がVPN機器に変わるので、そうなる可能性があります

また、オンラインで利用するサービスを事前にVPNを介して正常に利用できるか確認してください

せっかくVPN導入したのに使用感が悪かったら意味がありません
事前にVPN接続をして使用感を確認しましょう

ただ、そうも言ってられないのも事実
めんどくさかったり、すぐに海外へ出張しなければいけなかったりと・・・

そういう場合は実績だったり、歴史のあるVPNサービスを使った方が良いです

また、VPN選定の一つの方法として、VPN会社の拠点を知っておくと便利です
これは必ずしも事業の物理的な場所ではなく、会社がどのエリア(管轄地域)で運営されているかが大事になってきます
せっかくVPN契約したのにある国では使用できないとか、やっかいこの上ないでしょ・・・

今回は下記におすすめのVPNサービスを掲載します

 

セカイVPN


知名度はかなり高いんじゃないでしょうか
海外出張の時はコチラを使えばまずは問題ないと思っています
国内にいるときに接続テストしてみましょう
グローバルなので、国内にいて対応できる国に接続して、事前に使用感を調べられますね
無料試用期間(最大2か月)があるので、まずはテスト的にガツガツ使ってみましょうか
プラン料金
月額¥1,100/月
特徴
導入&使用感インストールするだけ、認証後はワンクリックでONOFF可能
同時接続数1契約でスマホ・PC3台分 使える
セキュリティ金融機関レベルのセキュリティを提供する256ビットAES暗号化
サーバーの数数十台
ロケーション数10

 

Millen VPN


30日間返金保証があるのが強いです
その期間中にVPN接続のテストができるわけです
ご自身の環境と合わなかったら解約すればいいのですまた、国産VPNなので日本語サポートがあるのも便利ですね有名なレンタルサーバのmixhostと一緒の運営会社なので
信頼性もありますね1契約で5台まで利用可能などコストパフォーマンスはトップクラスです
プラン料金
1ヶ月プラン¥1,738/月
1年プラン¥594/月
2年プラン¥396/月
特徴
導入&使用感インストールするだけ、認証後はワンクリックでONOFF可能
同時接続数1契約でスマホ・PC5台分 使える
セキュリティ金融機関レベルのセキュリティを提供する256ビットAES暗号化
サーバーの数1300以上
ロケーション数80

 

NordVPN


公式ホームページを確認してもらえばわかりますが、他社VPNサービスと比較して接続速度がとても速いです
こちらも30日間返金保証があるのが強いですねいろいろな国の人に使われているVPNサービスなので実績は申し分ないです
有料オプションになりますが、セキュリティやプライバシー面を強化することもできます
プラン料金
1ヶ月プラン¥1,507/月
1年プラン¥627/月
2年プラン¥506/月
特徴
導入&使用感インストールするだけ、認証後はワンクリックでONOFF可能
同時接続数1契約でスマホ・PC6台分 使える
セキュリティ金融機関レベルのセキュリティを提供する256ビットAES暗号化
サーバーの数5400以上
ロケーション数62

 

Atlas VPN

atlasvpn
Atlas VPNは、比較的若い会社で、新進気鋭の才能として注目されています
そして、NordVPNやSurfsharkを運営する「NordSecurity」の傘下になった後も、改善を続けています
その甲斐あって、機能を落とすことなく、価格では多くの競合を下回ることに成功しています
VPNを複数台使用する際は必ず候補に挙がるポテンシャルとなります
プラン料金
1ヶ月プラン¥1,573/月
1年プラン¥431/月
2年プラン¥239/月
特徴
導入&使用感インストールするだけ、認証後はワンクリックでONOFF可能
同時接続数無制限
セキュリティ金融機関レベルのセキュリティを提供する256ビットAES暗号化
サーバーの数750以上
ロケーション数44

 

PureVPN

purevpn
公式ホームページを確認してもらえばわかりますが、他社VPNサービスと比較して接続速度がとても速いです
こちらも30日間返金保証があるのが強いですねいろいろな国の人に使われているVPNサービスなので実績は申し分ないです
有料オプションになりますが、セキュリティやプライバシー面を強化することもできます
プラン料金 記事執筆時のレートで計算(1ドル=約143円)
1ヶ月プラン¥10.95ドル(約1,576円)/月
1年プラン¥3.74ドル(約538円)/年
2年プラン¥2.29ドル(約330円)/2年
特徴
導入&使用感インストールするだけ、認証後はワンクリックでONOFF可能
同時接続数1契約でスマホ・PC10台分 使える
セキュリティ金融機関レベルのセキュリティを提供する256ビットAES暗号化
サーバーの数6500以上
ロケーション数88

 

CyberGhost VPN

2011年にルーマニアで開始されたCyberGhostは、ブカレストに本社があります
多大なコストをかけずに最高のVPNサービスを提供するために努めてきました
そして、CyberGhostはノーログVPNと言われていて、サーバーに接続されている際のアクティビティを記録しません。
つまり、ノーログVPNは、ブラウジング履歴や検索履歴、ダウンロード状況などの機密情報を追跡・保存しません
プラン料金
1ヶ月プラン¥1,790/月
6ヶ月プラン¥1,000/月
2年プラン¥310/月
特徴
導入&使用感インストールするだけ、認証後はワンクリックでONOFF可能
同時接続数1契約でスマホ・PC7台分 使える
セキュリティ金融機関レベルのセキュリティを提供する256ビットAES暗号化
サーバーの数9500以上
ロケーション数91

 

まずはVPNを導入してみて、返金保証期間中に以下を確認してください
自分に合わないと思ったら、解約すればいいだけです

・スムーズに業務ややりたいことを行えるか
・利用予定のオンラインサービスは使えるか
・操作は問題ないか
快適なVPNライフを送ってくれることをお祈りしています
タイトルとURLをコピーしました