自宅PCでホームページを公開するためのWoredPressの構成

xampp-wordpressホームページ

こちらでXAMPPを使用して、自宅PCでホームページ公開する手順を説明しましたが、WordPressとの連携方法は記載していません

今回はその方法を説明します

WordPressはフォルダに設定ファイルやコンテンツが保管されているので、基本はそれをそのまま移動すれば新しい環境でも使用することができます

なので、ローカル環境で「XAMPP + WordPress」を構築して、コンテンツを増やしてからレンタルサーバに移行するという方法も有効になります

WordPressをXAMPPフォルダ内に保管する

1.WordPressをダウンロードします
https://ja.wordpress.org/download/

 

 

2.必要なファイルを取り出します

圧縮ファイルですので、解凍しましょう
右クリックして”すべてを展開”をクリックして解凍します

 

3.XAMPPフォルダに保管します

C:\xampp\htdocs\test01(今回はtest01とフォルダを作りました)

ここにダウンロードしたWordPressの以下の階層のものをすべて移動します
対象は以下全部になります(wp-admin、wp-content、wp-includesがある階層をそのまま移動です)

 

4.Control Panel(コントロールパネル)を起動します(C:\xampp\xampp-control.exe)
XAMPPにてApacheとMySQLを起動します

 

5.Apacheの管理ページにアクセスします

XAMPPがインストールされている状態だとXAMPPのデフォルトページが表示されます
ちなみにアドレスはhttp://localhost/dashboard/

 

じゃあ、先ほどファイルを移したページを表示する

http://localhost/test01/

(リダイレクト後のアドレス)http://localhost/test01/wp-admin/setup-config.php

ページが表示されないのは初期設定をしなくてはいけないから
→「さあ、始めましょう!」をクリック

ただ、こちらを入力してもうまくいかない

それはなぜか?
データベースの作成とその認証情報を作らなければいけないからですね

 

データベースの作成と初期設定

さて、前の章でWordPressの初期ファイルは保管したので、今回はデータベース(以下:DB)作成になります
完成まであと一歩です
※WordPressにおいて、DBとはMySQL(MariaDB)のことです

・DBを作る
・デフォルトでは設定されていないMySQL(MariaDB)のパスワードを設定する
・phpMyAdminにログインするためにパスワード設定をする
・場合によってはPHPのバージョンを変更する

 

DBを作る

1.Control Panel(コントロールパネル)からMySQLのAdminをクリックします

 

2.MySQLの管理画面のphpMyadminが開きます(認証画面が出ないのは初期パスワードを設定していないから)
→新規作成をクリックします

 

3.新しいDBを作りましょう

①DB名を入力します(今回はtest01)
②照合順序は、「utf8_general_ci」を選択
③作成をクリック

左側に新しいDB作成されます

 

MySQL(MariaDB)のパスワードを設定する

1.DBのパスワード設定をします
→DBをクリックして(この場合test01)「権限」をクリックします
→「権限を編集」をクリック

→「Change password」をクリックします

→パスワードを入力します

 

phpMyAdminのパスワード設定をする

1.パスワードを設定するためにShellを起動します

2.以下を入力します(パスワードはhogehoge12345とします)
set password=password(hogehoge12345);

Setting environment for using XAMPP for Windows.
sanga@DESKTOP-PHTE1PP c:\xampp2
# set password=password(hogehoge12345);

 

3.「C:\xampp\phpMyAdmin\config.inc.php」を開いて、以下の設定を変更します

変更前:
$cfg[‘Servers’][$i][‘auth_type’] = ‘config‘;
$cfg[‘Servers’][$i][‘user’] = ‘root‘;

変更後:
$cfg[‘Servers’][$i][‘auth_type’] = ‘cookie‘;
$cfg[‘Servers’][$i][‘user’] = ”; ←rootを削除

 

auth_typeを”cookie”に設定する事で、phpMyAdminにアクセス時に認証画面を表示させる事ができます

この設定をしないと認証無しでphpMyAdminログインできちゃうんですけど
今後、インターネットに公開することを想定すると認証情報は必須となります

PHPのバージョンを変更する

1.再度、http://localhost/test01/にアクセスします

データベース:作成したDB名を入力します(今回はtest01)
ユーザー名:root
パスワード:hogehoge12345
データベースのホスト名:localhost
テーブル接頭辞:wp_
→送信をクリック

 

「このサイトで重大なエラーが発生しました。」

もし、このエラーが発生したら、次の切り分けを実施します

問題なければ「2」に進んでください

 

XAMPP管理画面の「Logs」を入力してください
→Apache(error.log)を選択します

テキストでエラーログが開かれます

Unknown column ‘wp_’ in ‘field list

As of November 2021 WordPress is not yet fully compatible with PHP 8.1. The release that is planned in December (WordPress 5.9) should be compatible with PHP 8.1 which will be released on 25th November 2021.

For the time being, please use PHP 8.0 with WordPress to avoid weird bugs.

(翻訳)
2021年11月の時点で、WordPressはまだPHP8.1と完全には互換性がありません。 12月に計画されているリリース(WordPress 5.9)は、2021年11月25日にリリースされるPHP8.1と互換性があるはずです。 とりあえず、奇妙なバグを避けるために、WordPressでPHP8.0を使用してください。

つまり、XAMPPで使用しているPHPは8.1ですが、WordPressが対応してないってことです
それぞれ別のアプリなので、XAMPPのPHPとWordPressのバージョンはリリースのたびに不一致になる可能性があります
XAMPPにWordPressをインストールするときはこういうエラーも起きるということを理解しましょう

 

なので、PHPのバージョンを書ける必要があります
XAMPPのダウンロードページにアクセスして、赤枠部分をクリックします
https://www.apachefriends.org/jp/index.html

PHPのダウンロードページになります
今回はPHP7.4.11をダウンロードしました

 

まず、使用しているphpのバージョンを確認します
Shellを起動します

# php -v
PHP 8.1.1 (cli) (built: Dec 15 2021 10:31:43) (ZTS Visual C++ 2019 x64)
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.1.1, Copyright (c) Zend Technologies

PHPの入れ替えは簡単です
ローカル環境にあるXAMPPフォルダ内にダウンロードしたものを入れ替えるだけで完了します(XAMPPでのapacheは停止しておきましょう)

①既存PHPフォルダをリネームしてバックアップします

C:\xampp\php

C:\xampp\php811

②先ほどダウンロードしたXAMPP(7.4.11)のC:\xampp\phpをローカル環境のXAMPPのC:\xampp配下に保管します

③httpd-xampp.confもリネームしてバックアップします

C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-xampp.conf

C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-xampp811.conf

④先ほどダウンロードしたXAMPP(7.4.11)のC:\xampp\apache\conf\extra\httpd-xampp.confをローカル環境のXAMPPのC:\xampp\apache\conf\extra\httpd-xampp.conf配下に保管します

⑤先ほどと同じようにShellを起動して、バージョンを確認します

# php -v
PHP 7.4.11 (cli) (built: Dec 15 2021 10:31:43) (ZTS Visual C++ 2019 x64)
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.1.1, Copyright (c) Zend Technologies

無事にphp 7.4.11になりました。

⑥XAMPP管理画面よりApacheを起動して完了です

 

2.問題が無ければこの画面が表示されます
→インストール実行をクリック

 

3.無事先に進めました(ローカル環境での構築なので、細かい設定値は割愛します)

これで完成です

ただ、最終的にレンタルサーバにコンテンツを移すときは環境構築をしなければいけないので、二度手間になります

下記は参考までにレンタルサーバでの構築方法です(エックスサーバになります)

 

他のエラーの切り分け

WordPressにうまく接続できない時の一例を説明します

まず、切り分けができるようにXAMPPの操作方法は覚えておいた方が良いですね

 

データベース接続確立エラー

この状態でこのエラーが出るのはwp-config.phpの設定に間違いがあるのではなく(wp-config.phpを触っていない前提)

・DBのパスワードを作成していないor間違っているから
・Wordpressのファイルの保管場所を間違えているから
・C:\xampp\htdocs\test01= phpMyAdmin上のDB名:test01 になっていない

 

access denied for user ‘root’@’localhost’ (using password: **)

phpMyAdminのパスワードを設定したあとで、ログインしようとすると上記のようなエラーが出るときは

・設定したパスワードが間違っている
・config.inc.php内容に不一致が生じている

そこを見直しても改善しない場合は再度XAMPPインストールからやり直した方がよいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました