標準、互換モードについて

HTMLの形式が徐々に進化するにつれ、CSS も変化し続けています
CSS の解釈の仕方は二つあります

標準モード・・・W3Cの標準的仕様に準拠した解釈でページを表示する
互換モード・・・古い HTMLバージョン で書かれたページを表示する

ブラウザ(レンタリング・エンジン)によっては、デフォルトで使用されるモードがそれぞれ違うので、表示されたページのレイアウトが異なることがあります

以下の3つの方法を使用することで、表示の違いを防ぐことができます

1.「DOCTYPE宣言」し、Webページ 単位で設定する
2.Webサーバ上で HTTPヘッダ をカスタムし、Webサイト 全体を設定する
3.ブラウザでのモードの切り替えを行う

※1、2を両方設定されている場合は “1” が優先される

今回は、一番使用されると思われる、”1” の「DOCTYPE宣言」について説明します

「DOCTYPE宣言」は ソースの文頭でする必要があるので
<html>タグ よりも前でする必要があります

「DOCTYPE宣言」の種類と各ブラウザの対応状況は以下の表を参照してください

(X)HTML形式DOCTYPE宣言IE(6)NS(7)FF(1)OP(8)
宣言なし互換互換互換互換
HTML4.01
Strict
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01//EN”>標準標準標準標準
HTML4.01
Strict
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01//EN”
“http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd”>
標準標準標準標準
HTML4.01
Tranditional
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN”>互換標準標準互換
HTML4.01
Tranditional
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN”
“http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”>
標準標準標準標準
XHTML1.0
Strict
<?xml version=”1.0″ encoding=”…”?>
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN”
“http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd”>
互換標準標準標準
XHTML1.0
Tranditional
<?xml version=”1.0″ encoding=”…”?>
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN”
“http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>
互換標準標準標準
XHTML1.1<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN”
“http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd”>
互換標準標準標準

IE・・・Internet Explorer、NS・・・Netscape、FF・・・Firefox、OP・・・Opera
()内はバージョン番号、バージョンによってデフォルトのモードが変わるものもある

タイトルとURLをコピーしました